令和2年度 学校教育目標 
「進んでがんばる たくましい子ども」
 





本校の前身を「止善学校」と称しました。
「止善」とは、中国の四書の一「大学」三綱領の一節
『 在 止 於 至 善 』から名付けられたものです。
その意味するところは、次のように解釈されます。

●「最善を求めて止まず」
●「人の道を求め理想に向かって一歩一歩着実に歩み続ける」

これらを受けて、現在は、『止善の心』について、
子供たちに次のように説明しています。

『止善の心』を育むことは、
『進んでがんばるたくましい子ども』になることです。

(創立 明治7年7月20日)



1 学校教育の重点目標 
学び合う活動を通して課題解決にあたり、自分の思いや考えを表現する教育活動の展開 

2 経営の構え
  (1) 「止善の心」を共通理念に、家庭・地域と目標を共有する
  (2) 児童の実態に基づく「知・徳・体」の調和ある学力の向上
  (3) 「ふるさと新堀」のもの・ひと・ことを愛する心情の育成 
  (4) 安心・安全で、児童・保護者・地域・教職員の「夢」を育む教育環境の整備と充実
  (5) 組織として動く協働体制と自己研鑽する姿が見える職場を目指す(チーム新堀)

3 めざす学校像
  (1) 明るく笑顔あふれる学校
  (2) 美しく潤いと温もりのある学校
  (3) 家庭や地域に開かれ一体感のある学校

4 めざす教師像 
  (1) 一人一人の子どもに寄り添い、確かな力をつける教師
  (2) 子ども、保護者、地域、同僚とのつながりを大切にし、開かれた、信頼される教師
  (3) 明るく健康で、仲間と協働して学び続ける教師

5 めざす子ども像
  学び合い
知:思いや考えを自分の言葉で伝え合う子ども
 
  単元を通して課題意識が持続する授業づくりの工夫とUDを生かした学級づくり
  基礎基本の習得と探究力、課題解決能力の育成(プログラミング教育)
  自分の考えをまとめ、それを元にして交流したり深めたりする授業実践
(多様な表現と深い学び)
  支え合い
徳:みんなにやさしい子ども
 
  「ふりかえり」を大切にした、一人一人の自尊感情の育成と相手の良さを認め、
互いに高め合う集団の育成
  関わりを通し、達成感を味わわせる学校行事・縦割り活動・児童会活動の充実
  「自己を見つめ生き方についての考えを深める」道徳教育の推進
  鍛え合い
体:すなおにがんばる子ども
  運動量を確保し、体力・運動能力を高める教育活動の推進と環境の充実
  望ましい生活習慣の形成に向けた教育活動の推進
  危機回避意識を高める安全教育および生きて働く防災教育活動の推進

6 経営の方針 
  (1) 重点目標に沿い、計画・実行・評価・改善の流れを大切にした教育活動の推進
  (2) 単元全体を意識した課題解決型学習の展開を通して、一人ひとりの学びを育てる授業の推進
  (3) 相手意識を大切に、子どもに関わる・つながる力をつける教育の実践
  (4) 「ふるさと学習」を中心とした地域素材や人材を活かした教育活動の創造と推進
  (5) 学校・家庭での読書活動と健康安全指導の推進
  (6) 個のニーズに対応した特別支援教育や相談体制づくりの推進
  (7) 学習指導要領の完全実施に対応した教育課程の実践と積み上げ


〒999-7773 山形県酒田市木川字アラコウヤ32番地 TEL.0234-93-2002 FAX.0234-93-2178
(C)copyright 酒田市立新堀小学校 All rights reserved.